?

タイトル ABS21 5周年記念の集い ITで繋がる 広がる
 街が変わる!5年間を振り返って

 開催日:2005年3月5日(土)
 出席者:33名(ご来賓の皆さま:3名)

はじめに:
 青葉バリアフリーサポート21は、1999年、自立生活セミナー(青葉区社会福祉協議会主催) の受講生だった肢体不自由の方々と一緒に、社会福祉協議会職員のご指導をいただきながら基本構想をまとめ、 2000年1月に3名で電子会議室を開設し、発足しました。 障害のある人々が、外出が困難でもパソコンやインターネットを活用して社会参加でき、 情報交換と交流を通して「バリアフリーの街づくり」を目指すさまざまな活動をしていくことが会の目的です。
 2005年2月末現在、会員数は61名となっています。


ABS21の主な活動:
  1. インターネットサロンの開催
  2. フィールドワークを重ねて地域のバリアフリーマップ(ウェブおよび冊子)の制作
  3. ホームページ「あおばバリアフリーサロン」の制作
 その他に障害のある方々へのIT化支援だけでなく、ネット社会のエチケットやこころのバリアフリーを考える講演会・学習会などを開催。
 5年間の活動についての詳細は、あおばバリアフリーサロン
 URL:http://www.abs21.com/を参照下さい。

 これまで、私どもが相互に学び・交流を深め、成長・発展することができましたのは、多くの皆様方の参加と支えのお陰と感謝し、お礼を申し上げます。
 今後も、さまざまな活動を通して、一期一会の支えあいができる街に、そして、支えるほうも支えられるほうも双方向で「ありがとう」といいあえる街になりますよう、これからも地道に努力してまいります。

 今後とも皆様方のご支援をよろしくお願いいたします。

インターネットサロンの報告:参加者の推移(5年間合計:約1370名)
2000年度参加者のグラフ 2001年度参加者のグラフ 2002年度参加者のグラフ 2003年度参加者のグラフ 2004年度参加者のグラフ
2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度
マップグループの報告:フィールドワーク参加者の推移
フィールドワーク年度別開催数と参加者のグラフ 2002年度参加者のグラフ
フィールドワーク5年間の実績 フィールドワーク参加者状況(2002年を例として)
注) グラフはクリックすると大きなグラフが見られます。
集いの会場風景スナップ写真
受付の写真 代表の挨拶中の写真
受付 代表の挨拶
青葉区社会福祉協議会事務局長が祝辞を述べている写真 青葉区視覚障害者協会会長が祝辞を述べている写真
青葉区社会福祉協会事務局長祝辞 青葉区視覚障害者協会会長祝辞
司会者の写真 代表が活動状況を説明している写真
司会者の説明 全般的活動状況の説明
インターネットサロンの活動状況を説明している写真 マップグループの活動状況を説明している写真
インターネットサロン活動報告 マップグループ活動報告
活動体験報告をしている写真(その1) 活動体験報告をしている写真(その2)
活動体験報告その1 活動体験報告その2
乾杯の音頭をとっている写真 祝宴とスピーチ中の写真
乾杯 祝宴とスピーチ
目次へ戻る トップへ戻る
>